無収入となる失業期間、再就職には一定の時間を必要とします。
行政上の手続き等が一般的ですが、次の仕事に向けた期間を必要とする場合もあります。
その間の収入はどうしているのでしょうか。少し考えてみましょう。

何を言っても生きている以上お金は必要になります。これは抑える事は出来てもゼロにはなりません。
それは再就職までの期間も同じです。初めて転職を考える方によってはよく分からないというのも正直なところでしょう。

日本には幸いな事に再就職を支援する事を目的とした失業保険もあります。結構これが大きなものでもあります。早くに再就職を果たせば準備金としての給付もあります。(例外あり)
この説明については然るべき機関で聞く事が出来ますから、そちらもしっかりと調べておく必要があるでしょう。あくまでも「再就職するため」ですからね。

つなぎとして考えるのであればアルバイトや副職なんて考え方も出来ます。
住んでいる地域にも特性がありますが、例えば海が近いと貿易港での日払いなんてのもあります。
つなぎである事からそれを定職とはせずに短期間となる場合が多いでしょう。中にはこのように少し関わるつもりが、そのまま再就職したというケースがあるのもまた事実です。
これはこれで運良く運んだパターンであり、結構理想的かもしれません。

やりたい仕事や何か目的があって再就職を望むの場合、つなぎとする期間が長すぎたりすると本来の目的が少々濁ってきたりもしそうです。
つなぎとして何か別の仕事をするのであれば立ち止まって考える事も必要でしょう。ここでの選択が意外とその後を左右したりもします。

一番はやはり失業保険をつなぎとして活用する方が多いのではないでしょうか。
当然あくまでも「つなぎ」であるため、前職に比べて支給される金額は多くありません。支給される期間も決まっているため早い再就職が望まれます。

再就職をする前提としてさきにつなぐ方法を考えてしまうと少しおかしな話となりそうです。仕事をしなくても金銭を得る事が出来るのですから。
アルバイトや副職等を含めて、つなぎを考えるのと同時に「どれだけの期間」かを絶対的に考えなくては、その後(再就職)に影響するのは間違いないでしょう。