転職はなるべくならしない方が良いのは皆そうでしょう。
でもやむを得ず転職が訪れる可能性はゼロではないでしょう。そんな時、再就職を怖く思う方がいらっしゃるようです。
実際に転職を望みながら長い期間再就職出来なかった方に話を聞けました。
何故転職を希望したのかと聞くと、職場の人間関係が1番の原因との事でした。収入はさほど悪くなかったようです。
やはり職場は人間関係大事ですね。時には収入よりも重要な理由となります。
再就職までの時間がかかった理由は次の職場の仕事内容は分かったが、職場の雰囲気が不安になり踏ん切りがつかなかったと言います。

転職前の職場をもし人間関係が理由で辞めたのであれば、こういった理由から再就職を不安と思う方もいるでしょう。怖くなる事すら予想出来ます。

転職の際、仕事に対する心構えはある程度出来ているでしょう。自分が望んだ転職先ですから。
しかし、職場の雰囲気や人間関係は正直分かりません。行ってみて予想と全く違ったという事も少なくないでしょう。
求人情報として出ている内容は大半が「アットホームな職場です」といったものです。イメージもありますからね。
実際は本当に分からないものです。
職場環境の分からなさに尻込みするというのは話あり得るでしょう。それが前の職場で人間関係に不安を持ったというのであれば尚更です。

生きている上で、人間関係の構築がうまくいく瞬間がどれだけあるか考えてみましょう。
仕事だけでなく恋愛や親子関係等、どれもうまくいかない事の方が多いのではないでしょうか。
人生において仕事は時間の大部分を占めるのは間違いありません。
確かのその大部分がうまくいかなければ不安でしょうし、人によっては仕事にも支障を来したり生きた心地がしないなんて方もいるでしょう。
ですが、恋愛や親子関係と違って仕事は対価を得るものです。
対価はただではありません。何かの苦難があって得られる訳です。この「何か」に人間関係に対する苦難も含まれると考えればどうでしょうか。それを含めた対価が仕事に対する報酬であると。

再就職を怖いと感じる方は少なくないでしょうし、感じ方も人によって違うでしょう。
ですが仕事に対する考え方を変えると再就職をこれまでよりはハードルを下げチャレンジ出来るのでは?

Comments are closed.