まさにこれは再就職希望者にとって重要な事項とも言えますね。
再就職にはどうしても空白期間が出てきます。昨日退職、明日入社なんてそううまくはいきません。
加えて役所等の手続きや失業保険の関する手続き等あり、最低でも1週間平均で空白期間が空きます。
特に失業保険においては、保険の不正受給を防止する観点から一定の期間が必須となっています。とは言え、その保険給付で空白期間の保障出来るかと言えばやはり100パーセントとはいきません。
失業保険があるだけでもあり難いのですが、働く事には敵わないというのは当たり前ですね。

空白期間はリフレッシュ等に充て、次の仕事への英気を養う為にもなりますがやはり仕事をしない為諸刃の剣となり兼ねません。
リフレッシュしすぎて…なんてやっぱり人間だから怠ける事にも繋がるおそれがありません。ではどうしたらいいのでしょう。

一番は教育期間として充てるのが良いでしょう。
自治体のハローワークも失業保険給付には求職活動若しくは一定の教育を受講するという条件を定めています。
求職活動というのは当たり前ですがやはりそれ以外の時間はあるとして、もしその後働かなくなっては税金等の収入にも大きな影響が出ます。
それを考えると働く意思をなくさせないようにするには、教育の受講を求めるのは当然かもしれません。

空白期間をどういう理由で過ごすのか、それは各々違ってきます。最近では親の介護を必要として、前職を辞めざるを得なかったという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、もしその後も仕事を別で続けるつもりなら「仕事を再開する意思」をもって過ごす必要があります。

時間が経てば経つほどに社会の現役に立つのは難しくなります。精神的な面、肉体的な面両方です。
このどちらも容易には取り戻せません。自分は大丈夫と思っていてもいざとなると非常に辛いものとなる事は少なくありません。
空白期間をどうするべきかも問題ですが、やはり短い期間とするに越したことはないでしょう。

年齢や地域によっても再就職に対する条件は変わってきます。
しかし、再就職を望む全ての人にどう過ごすべきかは平等に科せられます。
意志の問題ですから。

Comments are closed.