就職には試験が必須です。例外として紹介による斡旋もあるでしょう。しかし、全般に面接は受ける必要が出てきます。
斡旋にしてもそうです。どこかのタイミングで面接とされ対談しているはずです。
この再就職には絶対条件とも言える面接について考えてみましょう。

新卒採用の面接となれば知識や夢を聞かれる事が多いです。高校卒上がりで例えるなら、社会経験も少ないでしょうからそれぐらいしか参考になりません。
また受ける側も、それらに対する応対の仕方を叩き込まれるケースがほとんどです。今考えるとそういう教育をされたのを思い出します。

再就職の面接対策をするには中途採用を見込み、またそれを求人している企業がどういった理由でそれを求めているかを考慮する必要があります。

こういった企業は中途採用を求めている訳ですから「社会人としての経験を持っている」中堅を求めているとも言えます。若いだけで結局不真面目であれば意味がありませんからね。
若くて真面目に越したことはないのですが、やはり年齢や経験というものは入職後の信頼に幾ばくかは繋がってきます。それを入職前に判断出来る材料ともなります。
その為中途採用の試験においては、筆記試験等を最低限のものという合格ラインを引き、面接に重きを置くという例も少なくないようです。
新卒等に比べ、考え方やそれまでをどうしてきたかを知りたいのです。仕事を初めてからどういった利益に繋がるのかを考えています。

この事を考えていくと、再就職の際どういった事を面接で聞かれるかはある程度見えてくるでしょう。再就職時の年齢にもよって変わってきます。
例えば結婚の有無にもよっても変わってきます。
一例ではありますが結婚をして過程を持っていると、一般的に独身よりもその再就職に賭ける想いは強いと思えるでしょう。
仕事を途中で投げ出すとはまず思いません。そのうえで履歴書の職歴等を見ます。この順番は企業や業種によっても前後します。
若いからと言って、家庭を持っているから真面目とも、とは言えまだまだ若輩者とも取れるでしょう。

このようにその時の状況をみて面接の質問は変わってくるでしょう。一定のマニュアルはあるでしょうが、その人柄を見る為に質問は変わってきます。
それらに自然なスタイルで答えを出せる事が、再就職の面接に合格する方法とも言えるでしょう。
自然な答えを出せるには?自分の状況整理から始めるべきですね。

Comments are closed.